Golang入門4(IF)

2019-09-19 2019-09-19

Go言語のIF文をやりました。

条件分岐(if)

基本的な使い方

if文は、以下のように書きます。
条件部分は、丸括弧()で括る必要はありません。
実際の処理ブロックは、波括弧{}で括るひつようがあります。

if <> {
    <>
}
else {
    <>
}

2つ以上条件を繋げる場合は、以下のようになります。

if <1> {
    <1>
}
else if <2> {
    <2>
}
else {
    <3>
}
初期化処理

ifは、条件の前に、初期化処理を書くことができます。

if <>; <> {
    <>
}
else {
    ...
}

初期化処理で生成した変数は、elseブロックでも参照可能です。

if x = 1; x < 0 {
}
else {
    // xにアクセスできる
}
まとめ
  • 条件分岐はifを使う
  • ifには、初期化処理を適用できる
  • 初期化処理の変数スコープは、elseブロックでも有効